忍者ブログ

澱みに浮かぶベージュの蛇 -A Floating Beige Snake on Deposit

もやもやっと、水面から顔を出してます。 みそじ系。

2017'11.19.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'09.23.Sun
北森鴻「支那そば館の謎 裏京都ミステリー」読了。

北森鴻、最近よく読んでます。「花の下にて春死なむ」から始まるビアバー香菜里屋を中心とした連作短編集が一番好きで、「蛍坂」が最近文庫落ちしたので読んだところです。その解説に、《裏京都ミステリー》シリーズなるものが別にでている、それはユーモアというよりギャグミステリ、と書かれていたので、早速文庫にてこの本をゲットしました。

ギャグのオンパレードを期待してたのですが、あくまでもエッセンスで留まるものでしたね。他はシリアス。貧乏寺の寺男、しかしその過去は怪盗だった---という設定は大好きなので、楽しく読ませていただきました。やはり、この人は短編の名手だな、と重ねて感じました。バカミスですが、読ませる(バカミスだから、かも)。「不如意の人」が一番笑いました。京都のことはあまり知らないので、謎解きはお手上げ状態のときがありましたが、全然OK、ノープロブレムです。むしろ、京都についていろいろ知ることができて楽しい。

バカミスを謳っている(?)けれども、食事の描写のキレは他のシリーズと変わらず、旨そうです。

一文引用:
『大日本バカミス作家協会賞「鼻の下伸ばして春ムンムン」』
これだけだとひどいので:
『バカミスとはなにか。俺の解釈するところ、バカミスとは現実を悪意と狂気で無理矢理ねじ曲げ、常識から逸脱した世界に浮かぶ犯罪トリックを、嘲笑のロジックでもって解き明かしたシロモノであるらしい。まあ、平たくいえば、「んな、アホな」と脱力するしかない小説である。』

立派にバカミスです。この作品。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[110] [108] [103] [106] [105] [104] [102] [101] [100] [211] [99
«  BackHOME : Next »
Profile
HN:
yuriy
性別:
男性
自己紹介:
広く浅く物にならない日記。音楽、自転車とか、モノとか。
Key Word: BD-1、British pop/rock、推理小説、デジモノ、テニス、折り紙、guitar pop、ボードゲーム?、ロシア、ウクライナ
[自己紹介]
人気blogランキングへ
Blog Search
Calender
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Latest TB
Latest Comments
[10/07 赤池]
[12/02 のりゆき]
[11/30 のりゆき]
[10/26 yuriy]
[09/26 Pavloba]
Searched words
BD-1 Trackback People
Blogpeople Linklist
Recent Music Tracks

澱みに浮かぶベージュの蛇 -A Floating Beige Snake on Deposit wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]

*110*108*103*106*105*104*102*101*100*211*99*