忍者ブログ

澱みに浮かぶベージュの蛇 -A Floating Beige Snake on Deposit

もやもやっと、水面から顔を出してます。 みそじ系。

2017'08.23.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'01.04.Fri
(βバージョン)

 この作者の前作「イニシエーション・ラブ」もかなり楽しませてもらいましたが、帯に「あの『イニシエーション・ラブ』より驚けます。」とあったのはちょいと言いすぎ。驚けなくても楽しめます。

 記憶を持ったまま10ヶ月前に戻ってやり直せる、というのが今回の設定。帯にも「リプレイ」+「そして誰もいなくなった」との煽りがあるし、本文中にもグリムウッドの「リプレイ」が言及されている。解説には、さらに「時をかける少女」(原田知世大好きです)、「タイムリープ」、「七回死んだ男」などたくさんの同様の設定の作品が書かれています。自分の敬愛する西澤保彦の「七回死んだ男」、自分の敬愛する原田知世主演「時をかける少女」、結構楽しく読んだ思い出のあるグリムウッドの「リプレイ」の設定ときたら、はまらないわけない!と思いましたね。これに加えて、実は設定を見てすぐに思いついたのは北村薫の「ターン」だったりします(これはも自分が敬愛する牧瀬里穂主演で映画化されてますね)。こちらは1日を延々と繰り返すお話ですが。

 「七回死んだ男」や「リプレイ」、「ターン」と違うのは、これらの主人公はいやでも時を繰り返してしまうのに対し、「リピート」では繰り返すか繰り返さないかを選択できる点。そしてこのファクタが主人公の精神状態の推移に大きく影響を与えています。ここがこの小説で一番面白いと思ったところです。10ヶ月前に戻って、上手いことやればそのままその状態を維持して新しい生活に向かえるわけです。いやならもう一度10ヶ月前に戻ればよい。ただ、その世界はパラレルに流れていってしまう別な世界になってしまう。主人公は逡巡する。自分ひとりなら戻りたいけど、そのターンの中で築かれた関係は元には戻らない。そして、自分の記憶・経験もいやがおうにも蓄積していってしまうのである。ここら辺の心の動きに共感。

 トリックも目が覚めるようなものでした。世界が反転するような。ま、自分が注意力散漫な状態で読んでいたような紋だったかもしれませんが。ちょっと引っかかるところがありましたがそれよりも納得感の方が強かった。

 最初の設定の部分が少々長いけれども、設定オタにはたまりません。その後の展開は速い速い。一気に読みきりました。SF的な設定に嫌悪感のない方ならかなり楽しめると思います。


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[216] [215] [214] [213] [212] [146] [145] [144] [143] [141] [140
«  BackHOME : Next »
Profile
HN:
yuriy
性別:
男性
自己紹介:
広く浅く物にならない日記。音楽、自転車とか、モノとか。
Key Word: BD-1、British pop/rock、推理小説、デジモノ、テニス、折り紙、guitar pop、ボードゲーム?、ロシア、ウクライナ
[自己紹介]
人気blogランキングへ
Blog Search
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Latest TB
Latest Comments
[10/07 赤池]
[12/02 のりゆき]
[11/30 のりゆき]
[10/26 yuriy]
[09/26 Pavloba]
Searched words
BD-1 Trackback People
Blogpeople Linklist
Recent Music Tracks

澱みに浮かぶベージュの蛇 -A Floating Beige Snake on Deposit wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]

*216*215*214*213*212*146*145*144*143*141*140*